今日の戯言

今日の昼はやっぱりザッピング観戦だったのですが、J2ではあれだけ強かった川崎が2位に入ってきたとたんにメンタルが弱気になって山形相手にスコアレスのドロー、J1では戦力的に一番厳しいと思った神戸が鹿島に勝つなど、残留・昇格ラインにいるチーム特有の調子の波が面白いですね。
特に大分対京都を見ていて思うのは、こういうギリギリの戦いではどれだけ好調の選手がチームにいるかが本当に重要だという事ですね。京都は試合のペースを握りながらも天皇杯での大活躍で脚光を浴びた鈴木慎吾や黒部にキレが無く、クロスやシュートがどうにもうまく入ってくれないのに対し、大分は岡中の大当たりがチームを救いました。神戸もビスマルクが入って中盤に溜めが出来た事も大きいですが、やはりFW陣が復調してきたのが今の結果につながっているように思います。
これからJも本当の大詰めを迎えるわけですが、チームのメンタルとヒーローの登場というこの2点で各チームを見ていくと面白いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする