今日の戯言

いやあ昨晩のスーパーサッカーは凄かったですねえ(笑)。
ジーコ圧倒的不支持のアンケート結果、それに詭弁で反論する「役目を与えられた」であろう松木氏、支持理由が「型にはめちゃいけない」「ジーコはコンパクトにと言ってるが選手がそれを出来てないのが悪い」だけの永井氏。・・・あえて突っ込ませてもらいますと、
コンパクトにするためにどうするかを指導するのが監督の仕事です。
後藤氏は「あまり選手を試さない」とかまともな不支持理由を言ってたのですが、松木氏の押しの強さの前にどうもインパクトが薄かったですね。その辺がテレビマジックなんでしょうか。闘将氏が割とバランスを取った対応をしていたのが意外でした。
しかし中田のコメントの中に「試合中に怒鳴っていた」とありますが、このチームが前半グダグダな理由が何となく分かりますよね。おそらく、選手達は戦術的な細かい指示無しにポンと試合に出され、中田が試合中必死に指示を出しまくって修正しているんでしょうね。最近の選手選考とかを見ても象徴監督化が進んでそうなジーコですが、このチーム、中田がいなくなったらどうなるんでしょうか(苦笑)。
ハムの字さんのレポート。

全然期待してなかったのですが柳沢が2ゴールしてしましました。このアウェーでのヤナギのプレーはほんとに良かったんじゃないでしょうか。欧州に行った選手が、行って一年未満の代表の試合に特に思うのですが行く前より落ち着いてプレーしてるように思います。1つ1つのプレーが自信に満ちてるという感じがして。それにヤナギは、力まないでプレーしてるように思いました。
高原はコンディションもモチベーションもそれほど高くないように感じました。彼はナイジェリア戦で2ゴールして代表での仕事を終えたように思っているのではないかと思いました。ハンブルガーの方はあまりよくない状況なので、そちらの方に比重を置いてると思いますが。
途中から大久保が出てきましたが、彼もヤナギに習うかのように変に力まないでプレーしていると思いました。代表に入った頃は、代表はFWが点を取ってないし大久保自身も点を取ってなかったので、プレッシャーが2重にかかっていたのではないでしょうか。その片方をヤナギが取り払ったので大久保も落ち着いてプレーできたのでは、と思いました。
今日の試合は面白かったと思います。小野も稲本も中田も良かったと思いますが特に小野は今までよりいいプレーをしていたように思いました。それと青島アナが妙に気合入ってて、もう落ち着いてほしかったです。

青嶋アナのテンションはツールでも何でも同じですからねえ・・・(笑)。欧州組のレベルアップは今回のアウェーで特に感じた事ですが、欧州組のコンディションに配慮する事や国内組のレベル差を埋める事などに手をつけなくてもいいのかって感じですよね。結果が出てきてるのはいいけれど相変わらず戦略的には不安が一杯です。
そしてユーロはと見ると、イングランドのほかにもギリシャとスイスが驚きの本大会出場を決めました。アイスランド、アイルランドは残念でした。そしてプレーオフに残った大物はスペイン、オランダ、トルコですね。スペイン対オランダなんて組み合わせになったら大変ですね(笑)。あと、プレーオフには何気にラトビアが残っているので頑張って欲しいですね。
最後に、代表のアウェイ2連戦はコラムの方に移しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする