今日の戯言

来週末は大阪監督解任ダービーかと思ったらセレッソ側が先に一抜けちゃいましたね。もともと守備組織をろくに作れない監督だったんですから、まあ良く頑張った方だと思います。お疲れ様でしたと言いたいところですが、海外サッカーを見まくって変身した原監督を見習ってすぐにでもスカパーの解説の仕事をやるか、反町監督のようにちゃんとしたコーチ留学をして欲しいですよね。ところで清水の監督は大丈夫なんでしょうか(笑)。
さて、今晩と言うか明日の早朝がチュニジア戦・・・で合ってますよね? だいたい現地時間の夜にやるCLとか、日をまたぐ試合ってついつい日程間違えそうになるんですが、皆さんそんな事無いですかね?
メンバーも毎度の事ながら既に発表になってますが、またもやDFライン総とっかえですね。ジーコは心配してないそうですが(苦笑)。FWはこれまた点が取れそうに無い面子だし。病的なまでにメディアの反応に敏感だったトルシエからすると、ジーコは開き直ってるのか計算付くなのかどうでもいいのか何だか良く分からなくなってきましたね。まあどっちに転ぶにしても普通の転び方だけはしなさそうで、ある意味楽しみではあります(笑)。
当然の事ながらFC東京サポのMASAさんも心が千々に乱れておられる様子。

正直いって驚いています。DFラインに加地、茂庭が先発しそうとは想像もしていませんでした。しばらく前まで石川や茂庭を絶対にスターシステムに乗せないぞと、オールスターの投票とかしなかった人たち(ライバルたちに投票しそうな勢いでした)もちょっと舞い上がっています。
もちろんナビスコや負傷辞退者の都合でこうなったのは熟知していますが、チャンス掴んでほしいという思いと、満身創痍の茂庭を使うなという思いと、しくじったらどうしょうという思いが入り混じって複雑な心境です。
茂庭は去年の暮れあたりから安心して見ていられます。ただロングフィードがどうのこうのと言う話になったら、わたくし関知しません。せめて五輪でしっかりレギュラーとってからA代表に呼んでほしかったですね。
加地は攻めている時は代表クラスだとは思いますが、受けにまわるとちょっとドキドキものです。それゆえ一時、大学生(早稲田の徳永)にポジションを奪われていたくらいですから・・・。もしかすると自分の思い込みでそう見えているだけかもしれませんが。
そんなわけで今日は冷静に見れないかもしれません。

いや、お気持ちお察しします。でも万が一うまく行けば、宮本や山田をレギュラーから葬り去れるかもしれないのがジーコの良いところでもあるし(笑)。
あと、不安度で言えばA代表をはるかにしのぐアテネ組ですが、U-22の組み分け方法が発表になってますね。下手をすると中国やイランと同組になる可能性もあるらしいですが、正直今のU-22に確実に勝ち抜ける力があるとは思えないんですけど。
山本監督も「五輪は出られなくても、10人が上に上がれば成功だし、出ても誰も上がれないのでは意味がない」なんて予防線張ってますけど、A代表での海外組偏重の現状を考えたら、五輪不出場>海外オファー無しの選手がA代表に定着出来ると思ってるんでしょうか。単に上に上がるだけじゃだめなんですよ、山本サン。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする