今日の戯言

日本女子のドイツ戦は、ミスで失点を重ねてしまい残念でした。ドイツはドイツらしい基礎のしっかりした技術と統制された戦術、そして圧倒的なフィジカルで日本よりも一枚も二枚も上手でした。しかし、日本も最後まであきらめずに良く戦ったと思います。広島対新潟の試合にしてもそうですが、攻撃サッカーだから良いとかミスが多かったから低俗なポルノだとかではなく、戦うメンタルを持って自分達の戦術を信じて遂行し、自分たちの能力を出し切るという事が大切なんですよね。そういう試合はたとえ負けても前向きな気持ちになれます。カナダがアルゼンチンに3点差で勝ったので、これでカナダ戦に引き分けでも決勝トーナメント進出が決まります。何とか頑張って欲しいですね。
さて、相変わらず能力を出しているのか出してないのかさっぱり分からない我らがA代表ですが、10月の試合がチュニジアとルーマニアに決まりましたね。宮本が全治3週間の怪我である事が分かり、ナビスコカップと重なってDFが誰もいない状況になってしまいましたがどうするんでしょうか。平山、土屋、手島、山田卓とかだったらちょっとは期待してもいいかな・・・って新加入選手に期待してしまうようではなあ(笑)。誰を並べるにしても、またアルゼンチン戦前のずるずる下がるディフェンスをやったのではどうにもならないでしょうからね。
戦術と言えば藤田に関する興味深い記事があったのですが、選手の名前さえ無ければほとんど中田に対しての話に見えますね。おそらくプランデッリも同じような考えなんだと思いますが、今は比較的おとなしく右サイドにいる中田がこれからどう出てくるのか興味は尽きません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする