ユーロ2004予選 オランダ-チェコ(1-1)

フェイエノールトのホームスタジアムであるデカイプで行われた、W杯で見たかった筆頭同士の国の試合。当然今日は紅白ではなくてオレンジに染まっている。
ホームのオランダが最初から攻めまくるかと思われたのだが、チェコの戻りが速い上にFWに対するマークがきつく、セードルフ、ダービッツ、ファンボメルとファイターを並べた中盤からなかなかボールが出てこない。それに対して、チェコの攻撃はコラーのポストプレイを中心としてダイレクトパスからロシツキーとネドベドが飛び出すといったコレクティブカウンターのお手本のような攻撃を繰り出し、スピードに欠けるオランダDFを悩ませる。
しかし左SBのファンブロンクホルストのケガにより入った注目のファンデルファールトが入ってからそのスピードとアイデアで様相は一変する。
そして45分、左サイドでボールを持ったそのファンデルファールトから、中から左にダイアゴナルに入ってきたダービッツにスルーパス、ダイレクトのクロスを待ち構えていたファンニステルローイがどんぴしゃのヘディングでようやくオランダ先制。
後半はチェコもDFラインを上げつつファンデルファールトにマークを付けて形勢逆転を図る。そのプランが見事に当たり、68分に交代で入ったバロシュが右からのグラウンダーのクロスを上手く前にトラップ、そこから横に出した短いクロスをコラーがうまくDFの前に足を入れて同点に追いつく。
その後はやや疲れが見え始めたチェコをオランダが攻め立てるが、中盤ではボールを持たせてくれるが最後が厳しくてチャンスを作ることが出来ない。で、そのまま試合終了。
チェコがうまい試合運びを見せた試合だったのだが、交代で入ったファンデルファールトしか変化が作れないオランダのクリエイティビティの無さが本大会での不安を感じさせるような印象であった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする