J2短評

さて、今日もやってたJ2だが、恒例のザッピング観戦だったのでそれぞれ短評のみ。
横浜FC-新潟(1-0)
横浜FCは新潟のサイドとボールの出所をきっちりマーク、パスを広く回して裏を突くといった新潟をかなり研究した攻めをやってきていた。対する新潟は疲れも出てきているのか各選手の出足が鈍く、最後までスピードに乗り切れない攻撃に終始してしまった。長いシーズンでどこまで安定した試合運びが出来るかが課題になってきそうだ。
札幌-水戸(2-4)
非常に組織的な3ラインの4バックに加え、トゥーリオが入ってより高さが増した水戸の守備は脅威だ。札幌は2トップに高さが無いため、最後までFWが守備を崩す事が出来なかった。中盤もスペースの無さに加え意思統一にも欠け、最後は前がかりになって失点を重ねるのみであった。このままじゃウィルが帰ってきても厳しいだろうなあ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする