ナビスコカップ 磐田-浦和(2-0)

両チームのチーム完成度の差がモロに出てしまった試合。
浦和は最初こそ攻めに出るが、中盤から前線につなぐ時にもたつきが出てしまい、エジムンドまでボールが渡らない。サイドの上がりもほとんど無いので、個人技をつぶされたらそこで攻撃が終わってしまう。守備の点ではフラットライン守備を取り入れて中盤を厚くしようとする意識は見えたのだが、中盤での守備とパス回しが効いていないため簡単に裏を取られてしまう。
たまに永井や山田などがボールを持ってもドリブルがつぶされるかパスの呼吸が合わずにどんどんリズムが崩れていく。対するジュビロは個々人の守備意識が前半途中からパワーアップ、浦和はプレスの前に苦し紛れのパスしか出せず、磐田にボールを軽く奪われてしまう。
後半からはさらにその差が激しくなり、浦和は中山に何度も裏を取られてしまう。そしてまたも中山のヘディングからグラウが裏を取ってキーパーと1対1になったところを小林が倒してPK。これをグラウが落ち着いて決めてジュビロ先制。そのすぐ後に長谷部が2枚目のイエローで退場。浦和万事休す。終了間際にグラウと交代で入った前田が駄目押しの点を決めて試合終了。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする