A3チャンピオンシップ 磐田-大連(0-1)

磐田は、確かに選手の動きは良くなってきた。後半からは中盤を支配して、藤田を左サイドに貼らせて何とか相手のゴール前で起点を作ろうとする工夫も見えた。しかし、いくらサッカーの内容が良くなったところで点を取らなければ永遠に勝てない。
結局、このA3で何度も指摘してきた事だが、最前線でのタメと勝負が出来る人材がいないので、大連のゴール前でのバランスが崩れない。中盤の攻撃面でも、変化を付けなければいけない名波の出来が悪く、前線とのリズムもつかめないままに終わってしまった。
大連もPKを取った後は守りに入ってしまったため、特に見るべきところもなし。ひたすら寒い試合であった・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする