A3チャンピオンシップ ジュビロ磐田-城南一和(2-0)

ちょっと悲しい試合だったね。ジュビロについては、西はサイドとしての動きは出来ていてもFWとしての球のもらい方が全くなってなかったし、選手では特に福西と名波の出来が非常に悪く、中盤のリズムが全く作れなかった事も大きい。
しかし、そんな磐田の調整不足や高原の抜けた穴もあるのかもしれないが、J仕様チームのスピードと1対1に関する弱さをしっかりと反省すべきだろう。攻めでも速さが全く無く、無駄なパス回しのみでシュートにつなげる意識がほとんど無かった。
日本代表でも親善試合の間にJをはさむと次の試合で厳しさと速さが無くなって苦戦してしまうように、Jの温室サッカーの問題点が如実に表れてしまった。
しかし、それは選手の質が韓国よりも必ずしも低いというわけではなく、パス回しサッカーはフィジカルスピードサッカーに弱いと言う現実と、選手がフィジカルサッカーに慣れる時間を要するという話なので、ジュビロは次の試合では良いところを見せてくれるだろう。と言うか見せなきゃだめだろう。
さて、鹿島は同じ轍を踏まないでいられるのだろうか・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする