天皇杯

磐田-大分と大宮-鹿島の延長、そして京都-福岡を見る。
J2クラブはそれぞれ組織的な守備を披露し、伊達にJ2で鍛えてきたわけではない事を証明したが、やはり点を取ると言う点で共通の課題を見せた。
J1相手ではどうしても中盤を支配され、ボールを奪う位置が低くなる。そこからカウンターを仕掛けてもFWは孤立し、フィードの精度も低いので二次攻撃が出来ない。ここに巨大な壁があるんだろう。
個人的には後半の福岡が面白かった。4-5-1でトップ下に宮原を置き、かなり激しいプレスをかける。人選といい戦術と言い、レッジーナそっくりである。来年のJ2で昇格候補に挙げたくなるような出来であった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする