フルハム@UEFAカップ

フルハムはチャンスは多かったが運も味方せずあえなく敗退。ここもやっぱりFWの決定力だな~。マルブランクもよく動くけどシュート入らないし。今だとちょっと足技のある中田という感じ。ジダンの後継者と呼ばれてるらしいが、このままでは厳しいんでないかい?
稲本については、左サイドからの良い飛び出しが1つあったんだが、やはり全体的には消極的な働きに終始。最初のシュートが枠を大きく外れたせいか、途中でフリーで前を向いてボールを持ったときに横パスしたのはがっかり。
やはり見てて思うのは、ボールをトラップした時に次のプレイのイメージが出来てないな、と言うこと。トラップの後にどこにボールを置いて、どう体を向けるかが決まってないので棒立ちに見える部分もあるのだと思う。おかげで展開が早いプレミアでは特に目立ってしまう。
UEFA敗退で、残るはリーグとFAになって先発の機会は厳しくなったが、前半戦のような結果がぜひとも欲しいところだ。
と思っていたらスカパーの「for
football」で稲本のインタビューがあった。「ボールタッチやもらいに行く回数が少なかった」と反省していたが、ちょっと違うだろう、と突っ込みたくなった。もっと前へ前へ、FWを追い越して飛び出すプレイが必要なんだろうが。
もっと「自分主体」で「アクティブマインド」な、「ココゾ!」という時の積極的なリスクチャレンジ、爆発的なフリーランニングが必要なんだと思ったガゼッタなのでした・・・フゥ~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする