天皇杯

磐田-国見をTV観戦。
まんまドメスティックトヨタカップ。
まあ、がっちりマンマークしてくる格下チームに対してはえてしてこのような試合に終始してしまうものだが、それにしても磐田がちょっとパス回しすぎで単調すぎた。変化をつけられる名波がいなかったせいもあるのだろう。高原も移動疲れのせいかキレが無くて残念。
国見は良く頑張るチームなんだけど、大久保のようなタレントがいないのが今年はちょっと寂しい。注目の平山も田原以上のものは見ることが出来なかった。ま、ジュビロ相手だからそう見えたのかもしれないが。
と他の試合結果を見たら、大分5-0札幌(何ですかこれわ)を始め、J1チームが軒並み苦戦。モチベーションの違いもあるんだろうけど、J2チームは(セレッソを除き(笑))、やはり長いシーズンでカウンター戦術とコンビネーションが熟成された強みがあるところを見せてくれた。
次は、J2の中でも屈指のチーム完成度を誇る大分と、言うまでも無く王者の磐田が対戦する。楽しみである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする